木工大好きのブログ

訪問して下さり有り難うございます。気になるカテゴリー別に記事を読んでみて下さいませ。■因みにご紹介する内容はすべて正しい訳では無く不確実性を含みます。■最終的なご判断は、ご自身でお願いします。■

W5-576Aのスワン型バックロードバスレフでも作りますか?

W5-576Aと言うTangBandのユニットが有ります。
どこかのOEMですが、以前もバックロードバスレフで料理しました。

中々素性の良いユニットですが、ツイーターが必要です。
高性能フルレンジと比べると中域は大人しい感じ。

なのでスワン型で作るのは無駄な努力か(笑)


そんな事もなく理論的には十分有効ですよね。

さて単に作るだけでは面白くないので、妄想しましょう!!

●音道の理想は本来どんな感じ??
私が「思う」理想は、入り口が有り、スロートが有り、スムーズに音道が広がるのが理想。
図で言うとこんな感じです↓20171119_174744.jpg
第二空気室まで一直線で、スワン型であれば簡単に実現出来ます。
*通常のバックロードホーンですと、デットスペースが増えると巨大化しますから、ホーンの理想化は程々にしますが。

実際の採用例↓20160521_121538.jpgやや音道が短い例ですが、ウーハーの場合は!
サブウーハーの様に最低域を延す目的でなければ、この程度で十分です。
*位相やタイムアライメントの遅れが少ない方がウーハーの場合はメリットが大きい。
*音道を空気室を含め、もっとスムーズにしたいですね
*低域の音波は進むし、戻るのでスムーズにしたい。
*ユニット背面に空気バネをしっかりと乗せると効率が上がる
*スロートの部分でホーンを締めると共鳴音が減る可能性も有る。

図面を書く場合は、デザイン図を先に書いた方が早かったりします。
ノッポとチビで書くとこんな感じ↓20171119_174754.jpg
具体的な寸法も、一編を決めると自動的に決まる。

点音源化で高性能フルレンジと同等のクリヤな音が得られればウーハーは無敵?
ウーハーユニットでスワン型バックロードの音を聞いた事が有るので、何となく自信があります。

どうしよう?
年末は忙しいしね~~
スポンサーサイト
  1. 2017/11/20(月) 12:09:19|
  2. スピーカーの話題と自作スピーカーの予定等々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BROADMANN社のVC7

ペアで240万のスピーカーだそうです。
お値段は、別として構成が面白い。

ツイーターを前面に配置し、サイドに13センチウーハー4発(重めの高剛性ペーパーコーン)
低域の殆どをサイドに有るウーハーから放射し!
最低域をドアスリット方式で再生する。

バスレフ要素は無く、ドアスリット方式。
*約130hzのクロスオーバーと成る様です。
すなわちウーハーユニットの最低共振数は60hz位かな?
*オープンな空間では空振りする筈のエネルギーを、内部で取り込みスリットから放射する。

コイルや素子では1,6kのクロスオーバーとなり5,8dbcut
*上記のアコースティックフィルターは130hz
*吸音材は使用しない仕様
構成は、2way+サブウーハー。
周波数帯は25hz~25000hz +-3db
システムの能率は91db


どうでしょう。
なんか構成が自作スピーカー見たいですね。
仕上げは素晴らしいので別格ですが、音も良い見たいですよ。
お値段的にも良心的な気もします。VC7_16_burl20walnut.jpg
決め手はシンプルイズベストだけど、しっかりした低音か。
  1. 2017/11/09(木) 09:51:31|
  2. スピーカーの話題と自作スピーカーの予定等々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

オーディオの再生音についての課題を並べてみると。

お気楽オーディオさん配布の
「DAC9038D DUAL ES9038PRO」のPDFファイルを見ながら!
DACも音質には重要だけど、それ以前に重要な事が多いなぁーと考えています。

普通のアンプとプレーヤーで十分な音質を得ている方も多い筈。

DAC9038D DUAL ES9038PRO基板に5つの独立電源とIV変換アンプに、二個の独立電源
オールアルミのシャーシに、理想的な実装をすれば最高のDACでしょう。
費用も15円程度なので実現は可能ですね。

でも、オーディオの音の悩みは、それ以前の話が多いですね。


部屋が狭いので物理的に、広大な音場再生が出来ない。
●セッティングを変更してスピーカー間を1750mmにしましたが!
もっと広げたいなぁ~20171104140130.jpg*中央部の音圧アップに、反射板(適当な物でも可能)を入れますと、広がり気味だった台詞もバシッと中央に定位します。
と、なれば狭い配置よりも音場感が広がる事になりますね。
*音離れが良いと言う事は、スピーカーから音が出ている感じが薄まりますね。
*平たい壁よりも何か出っ張りが有るほうが自然な感じの音になりますね。
*木造住宅の場合、吸音対策系の品は中音域に対しては無い方が良いでしょう。
*コンクリート住宅でも低音が飽和するかどうかは、帯域により様々で広さによって決まってしまいます。
恐らくは超低域以外は、中高音の反射のほうが大きい筈です。
しかしながら、部屋の静粛性が高い為、木造住宅で聴く場合とは印象が違うので注意が必要ですね。

●低音を豊にすれば、どんなソフトも楽々再生出来る。
*中高音が幾ら良いスピーカーでも・・・低音がしっかり出てないとソフトを選ぶ
*ヘッドホンで聴くと良い感じのソフトだが、ホームオーディオで聴くとあれれ・・の場合!
そもそも低音不足なのか、位相の不整合が起きている。
*壁寄せ配置に移行するとか、側面への位置関係を見直してみると良く成るかもです。

●そもそも十分な低音とは何かな??
中高域のGAINは、耳が敏感な帯域である事もあり、単体での低音の量感は耳で聴いても良く解りません。
低音過多に聞こえる場合の殆どが、最低共振帯が空振りしているが、ミッドローが膨らんだ状態でしょう。
*低音はGAINは同じでも、中域よりもかなり小さな音に聞こえます。
*ところが、タイミングを合わせ共に再生すると豊かな低音に聞こえます。
*さらに位相が合うと、重みの有る低音となりスピード感も出せますね。

●そんなこんなで、色々な部屋でも鳴らしきれるマルチ化が王道かなぁ~??
機器は安くても良いがマルチ化すると、色々な悩みが減る?
*まぁ普通は、セッティングが出ない内は酷い音に悩むからパッケージSPの方が良いね。
*アンプの出力段が違う回路だと、位相がズレるのでヘタすると逆相(メーカーは一々説明しない)
ので同型アンプで鳴らした方が良いです。
*電源の位相が違っても音が纏まらない

位相の問題を解決出来るマルチ化ですが、中々難しいですね。
でも、無駄な事に散財するよりも早道だと思います。

●キットを使って自作すると面白い
DAC9038D DUAL ES9038PROのDACキットは敷居が高いですが、色々なキットが販売されています。

電源を用意する事から勉強して行くと、電気に詳しくなくとも何とかなります。
普通の電源回路でキチンと音が出ますので大丈夫です。
やたらに電源に拘ると実装が困難になるので止めた方がいいかも(笑)
アンプの要求電圧と電流量を満たせば大丈夫。


音がキツイとか、ぼやけるとか、解像度が低くてついつい音量を上げるとかは!
アンプやDACのせいでは無くセッティングのせいです。
しかしプレーヤーの性能向上は、ハッキリと解りますが説明は難しいです。

良い音と機材と使いこなしの関係
目指す音場再生には、部屋に合わせセッティング~度重なる再セッティング~更に試行錯誤~プレーヤーの高性能化~マルチ化へ行く

程々の性能の自作アンプ4台でマルチ化をすれば、お気軽にマルチ化出来る。
プリアンプ位はメーカー製でもいいですね。
スピーカーは、能率88dbのウーハーボックスと、90db前後の密閉フルレンジ+ツイーターを積み重ねて使う。
見た目は後から考える(笑)
音質的には間違いない!!

最後にアッテネーターは低抵抗の方が綺麗な音に鳴る様です。
プリからの入力に入れる抵抗は出来るだけ低い物が良いですが、音量調整の兼ね合いで決まりますね。

VRの抵抗も100KΩよりも10kΩの方が良いと思いますが、
バッファアンプを噛ますと100kΩにしないと成らなくなりますね。
安定化しますが、音質的にはどうでしょうか?
自作なのでバッファレスで良いんじゃない(笑)
*DC漏れが大きい場合は組立がマズイですが、2mA以内で調整して上げましょう


長々とネタが無いのでだらだらと・・・・・・
  1. 2017/11/04(土) 15:55:21|
  2. 普遍的なオーディオ話し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャスラックが民間企業を訴えるとか・・・議員さん如何?

私はジャスラックに年額6480円を払っています。
払わないと訴えられます。

著作権の定義は色々ありますね。
著作した著作権を侵害し、他者が無断なり、知らずに利用した場合は、相応の被害や提訴が起きるでしょう。

音楽の場合は、数年の著作権期間(著作の有効期間)内で有れば上記と同様です。

音楽著作権協会は永遠に、著作権の有効性を発揮させようと!
数年の著作権有効期間を各国の権利に対する流に乗り、
数倍に伸ばした結果、権利の大多数を確保しているので、ほぼ全ての利権を手に入れました。
*裁判で勝訟した。
*一曲だろと掛けたらアカンよ
学校や公共施設では、徴収しないが、イベント等では別途徴収。

個人の理容室は年額6480円
居酒屋も同様
大箱の居酒屋はもっと高い
BJMが有線の場合は、有線側が支払う
音楽教室でも徴収する予定
商売をしている場所で随時徴収予定
老人ホームはどうなんだろう??

契約件数は何と、83万店=53億7千800万
今後も契約は増えて行く予定
こう言う事が、本当に正しいのかを、議員さんが本気で議論して欲しい。
*党利党略ばかりの質問や答弁は、税金の無駄遣いでしょうが。

ま、ボロボロの民進から、意見を180度替えて、希望に行くと決めた議員には期待できないね。
希望に落とされた立憲組も同じで、どこがどのように筋が通っているのかが摩訶不思議。
立憲は恐らくリベラルの皮かぶりの共産主義者だと思う

選挙結果を「民意ではない」と言い切るあたりが正に共産主義
*投票率を盾に民意ではないと言うのが理由
*投票率と選挙結果は本来無関係
*共産主義の基本は選挙ではなく、トップ正しいとしてトップが全てを決める
*リベラルは護憲派には良いイメージですが(国家がやると決めれば躊躇なくミサイルを撃つよね)

まぁ此れだけ無責任な野党が、自民に負けて、議席が伸びなやんだ結果を見ると
まだまだ日本は大丈夫かな。
*立憲には共産票が入っているので、本質的には35議席くらいなのだと思います。
*希望には無党派票が多い
やはり少数派ではあるが、民意には間違いない。

本当は、政治ネタは、あまり書きたくないが。。。
小池がド壺にハマってくれて嬉しい(笑)
  1. 2017/10/26(木) 12:09:56|
  2. 無題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部屋を広く使うよ大作戦(笑)

ついこないだまで、フリースタンディングスピーカーをやっていたのに!
実際のスピーカーセッティングは、壁寄せに変化しております。20170926_093315.jpg*この写真は、壁の影響を受けづらい様にしてダクトの位置調整をしている様子です。

メインの以前の設置位置です。20171020_080903.jpg壁から80センチ離しています。

今回は壁から54センチで、反射板から30センチです。20171023_170407.jpg
この位、壁に寄せるとダクトが後方に有りますので、ギター物やボーカル物では癖がやや強まりますね。
低音がふやけやすいソフトも同様に絞まりが弱くなります。

F特を綺麗に纏めたスピーカーで有れば、影響は極少量ですが自作スピーカーは??


BHの前面開口タイプを使った事が有る方は解るとおもいますが、方式的に癖が出やすいスピーカーは!
部屋の影響と言うよりも、部屋とのバランスを取る方が重要ですね。
ですので、セッティングに自由度が少ないです。

私のメインのBHBSは、ダクトの出力特性をある程度変化させる事が出来る様にしていますので。
壁寄セッティングの場合は!
●ダクトの中間部分を詰め物で更に狭くし低音の量感を減らし
●ダクトの詰め物で中高音の減退もはかり
●更に、元々コイルで中高域帯のGAINを下げて居り
●最終的な位相関係{視聴上の}を移動式の、上部に有るフルレンジ箱を動かす事で調整しています。


ウーハー・ミッド・ツイーターが別体式のマルチスピーカーを上手く鳴らすには!
位相管理やタイムアライメントを導入し、更に視聴で微調整をしないと話になりませんね。

タイムアライメントはメジャーで測ればOKですが、ネットワークやデバイダーに依る位相カーブが様々で!
やはり視聴して決める他無いです。

●低域が緩い場合はミッドを一ミリ単位で調整すると絞まる
逆に言うと大きく動かすと訳ワカメ
そう、やり過ぎると聞き分け出来ない位に変化して、全てがピントのズレた物に感じてしまう筈ですね。


●音場が縦に狭く感じればツイーターを一ミリ単位で動かすと広がる
びったしだと定位が良くなるが・・・ソフトにより生気が薄いよな気がする

●低音不足ならば壁寄せにすると改善する
当然壁の反射が強くなるので、ミッド箱の位置調整をやり直さないとイケない


マルチスピーカーに限る事ではなく
●フリースタンディングが良いとか壁寄セッティングが良いと言う話では無くて、
上手く、どの部屋でもバランスよく鳴らす技術は、結果的な物だと思います。

まぁ~自作スピーカーの場合は!
フリースタンディングで音質調整を行ったスピーカーの方が万能ですね。
位相管理までしようと思うとセパレート構造にします。
*低音過多の場合は別です。

●僅か一ミリの違いで音が変るの???

其処なんですよね。
体験出来ると思います。

其処が解る様になるとシンプルイズベストな自作スピーカーの良さが発揮出来ますね。
  1. 2017/10/23(月) 18:04:20|
  2. スピーカーの話題と自作スピーカーの予定等々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

細かい事で楽しむオーディオ遊び

部屋を広く使いたいとか、贅沢に使うとかスピーカーセッティングは面白い。

部屋を広く使おうと思い、テレビ兼オーディオラックを作りました。20171018_151753.jpg
24mmの針葉樹合板で作ったので、所々に節穴がありますね。20171018_151813.jpg

もう少しスピーカーを前に出すと、フリースタンディング系になるのですが!
部屋の広さが犠牲になり過ぎてしまいます。
横から見ると結構前に出てますね。20171020_080903.jpg


もっと部屋を広く使う為に、スピーカーを奥に持っていく為に!
こんなんを作りました。20171020_113403.jpg
効果があるかどうか知りませんが(笑)
何かしらに使えるかも知れません。

毎日朝一番に音を聴くのですが、iいつもの音量よりも、もう少し音を大きくしたいなと言う時!
恐らく解像度が低いのだと思います。
リセッティングの際は、なんだかんだ一週間は微調整する感じですね。

この反射板・・スピーカー間の音圧アップに役立つ様だ、とすれば、どちらかと言うとフリースタンディング用かな。
  1. 2017/10/20(金) 12:18:52|
  2. スピーカーの話題と自作スピーカーの予定等々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お友達の地下オーディオルームで、新作を鳴らした感想文

新作のBHBS二本を、地下室に持って行きました。

地下室は専用のオーディオルームとして設計された部屋です。
広さは13畳くらいかな。

先ずは、メインの16センチ密閉型と16センチBHBS方式型ウーハーを視聴しましたが!!!
全く低音が出ない・・・・・

確かにスピーカーが多くて、可なり手前に設置してます。
それにしてもフリースタンディングだと全然駄目です(笑)
こんなんじゃコンテストでは、ボロ負けですね。
*いろんな位置に動かしたり、ヘッドを動かしたりして位相調整して、まぁ~まぁ~な音に。
*恐らく、壁寄せで調整しているのでミットローのGAINがやや下がっている様です。
*最後は、ダクトを前に向けて鳴らしました。

つずいては、13センチPARK DCU-F132PのBHBSを鳴らします!!
いきなりマトモな音でびっくり。
やはりフリーステンディングで設計していますので、設置位置に影響されずらいスピーカーです。
*もちろん壁際に寄せると低域の量感は増えます。


それにしても、専用オーディオルームは頑丈な地下室でも低音が飽和しませんね。
地下に降りる階段では、耳を圧迫するような超低域の波長を感じますが!
部屋の中は極自然です。
100Hz前後の倍音成分に弱い共鳴が現れるようですが(話をすると)音楽的には違和感を感じません。
と、言う事は膨大な吸音材を使わなくとも{メーター単位}部屋の形状(テーパー形状)で制御出来ている様です。

話が変わりますが!
私の箱を沢山お預けしていますので、この箱を持ち帰ってきました。20171012_084424.jpg
このちっこいTangBandの13センチウーハーのBHBSを久々に聴きます。

うん~能率が低い。
ツイーターが頑張っている(煩い)
最低共振数FDが伸びきっていない。

ユニットの集中化で点音源を目論んでみましたが、改めて聴いてみるとフルレンジに負けている感じです。
まぁ~ネットワークで武装していませんので何とも言えないが。


よし、シンプルに新しい箱を作ってあげましょう。
もちろんフリースタンディングで鳴らせる性能を目指します。

壁寄せで鳴らす前提での、ハイファイの追求は勿論良いのですが!
より凡庸性能を考えますと。
フリースタンディングの要素を加えますと低域のGAINや位相関係が整うように思います。

*楽器は{ギターやバイオリン}部屋の何処で鳴らしても、別に音に違和感がないよね。
  1. 2017/10/12(木) 10:00:08|
  2. フリー スタンディングスピーカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ