木工大好きのブログ

訪問して下さり有り難うございます。気になるカテゴリー別に記事を読んでみて下さいませ。■因みにご紹介する内容はすべて正しい訳では無く不確実性を含みます。■最終的なご判断は、ご自身でお願いします。■

良いピアノ音源見つけたです。

素晴らしいピアノ演奏と、アレンジのセンス。
そして、再生音の作り方も此処まで来たのかと感心しました。


ピアノにコンプレッサーや、リズムマシーン(何て名前なのか知らん)を組み合し!
新しい音楽性広げているアーティスト。

たまたまユーチューブで見つけました。
ピアノの音源って余り良い物が少ないですよね。。

それは、Peter becenのユーチューブチャンネルです。

中でもこの演奏は凄い QUEEN

録音は、凄いダイナミックレンジと、弾ける様なスピード感、位相が大幅にズレて居ないので、緩まずに高い音圧が得られています。
そして、シンプル録音なので鮮度が高い。

リファレンススピーカーとヘッドホンを聞き比べてみると面白いです。

音源がユーチューブでも余り関係ないなと思える時代になりました。


この曲は、低音が凄い Africa


この曲は、素のピアノ音だとこう言う音だという音源


この曲は皆が知ってるマイケルジャクソン



おまけは、ハーモニカおじさん
このハーモニカも凄い


ハーモニカおじさんを、場違いだと、司会者はおじさんを小馬鹿にしてますが・・・・
おじさんは、お家に帰んなと言いつつ、君らはハーモニカを何も知らんだろと言っています。

何かのネタなんでしょうね。
家の箱は、激しい演奏でも煩くならず、十分に合格でした。
スポンサーサイト
  1. 2018/05/21(月) 19:22:46|
  2. 自作スピーカーのススメと音楽ソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプやら調べものやらで、オーディオは・・・・・

暖かくなると外遊びが楽しいので仕方ないですが!
オーディオはやはり後回しです。

友人のお店用途のスピーカーを作る予定ですが、手が付かない。


そして、最近はオーディオが趣味の方が家に来られたりして。
もう少し頑張りたいところです。
やはり次のステップは、ウーハーの大型化かもと想っています。
「実際の容積は別として、200LオーバーのウーハーBOX」



さて、一人キャンプツーリングと行きたい処ですが、家族キャンプです。
キャンプはテントを張れば何処でも一緒との考えで、車移動20分足らずというキャンプ場で呑みキャンプです。
20180508_072322.jpg
キングサイズの2ルームテントでないと、出来ない事があります。
20180508_072254.jpg
炭は薪を使って、うちわを使わないでイージーに火熾しします。
炭もガンガンに投入し、面一に良く熾きた炭が並ぶようにすると、火持ちが良いね。20180430_182342.jpg
まだ寒い北海道
夜の気温5度に、勝ための真打登場!!!
20180508_072529.jpg
換気には注意ですが、エアーダクトをフルに利用すれば大丈夫です。
一酸化炭素で事故を起こす人は限度を知らない。
そもそも目が痛いくらいの状況や、煙い場合は、換気不足ですよね。

20180508_160001.jpg
空が綺麗ですね。

なかなか忙しくて、バイクに乗れないので、夜な夜な磨くのです。20180503_200845.jpg
来月辺りには、前々オーナー様が行ったジムカーナ仕様のアップハンドルを!
純正に戻さないと・・・

乗りにくいったらありゃしない。
カスタムも状況次第では、乗りづらくなるだけですね。
低速に振ったギヤ比も変更しないと、3速ギヤの使い道が無い状況。


ゴールデンウイークも、私は仕事ですから、家族には置いてけぼりなので、一人で晩酌。
20180504_180815_20180509163738bf1.jpg
この、ステーキが旨いんですよね。
20180504_180821_20180509163739b0d.jpg
ある意味、一人飯のほうが豪華かも(笑)
  1. 2018/05/09(水) 17:06:18|
  2. キャンプと旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マイナス0度のツーリング(笑)

まぁまぁ寒いでした。

お昼は17度くらいになる4月下旬の北海道ですが、朝夕方は山間部は、0度近くに下がります。

準備中です。
万が一でも、荷崩れすると悲惨なので、時間を掛けてフィッティングします。20180423_144252.jpg
小屋が狭いわ・・・
荷物が直近に仕舞ってあるので良いのですが。

市街地を気持ちよく走り出し、気温は7度!
高性能なウインタージャケットのお蔭で、何も寒くない。
しかし山間部や、寒冷なスポットに入ると、雪が・・・・・
20180423_185425.jpg
気温は1度。
20180423_185443.jpg
流石に、手が冷たい。

そうなると見込んで、ツーリング過程の中でお買い物タイム。20180423_193358.jpg
手が復活!!!


途中、気温が0度になり手が冷えきり苦戦しましたが、無事に現着しました。
体が冷えた場合はとても危険ですので、バイクを降りてそこらへんを走って体を温める他有りませんね。
20180423_214359.jpg
気温は2度です。
あまりにも寒いので、ドームテントの中で、晩酌です。
(入口は前開オープンで)

酒やツマミが う、うまい。。
焚き付けを忘れて大変な事になったが、軍手にサラダ油を含ましてから燃やして何とかリカバリーしました。

翌朝、留萌の黄金岬を眺めています。
20180424_060206.jpg
旭川から1時間30分の距離です。
岬は、工事中でした。

ここの黄金岬キャンプ場は、何故かP帯にしか見えませんが、れっきとしたキャンプ場です。
ですが、観光客から見るとP帯でキャンプしてる感じに見えます(笑)


今回のキャンプ中、うわ~~バイクだ~と聞こえました。
車が明らかに減速して、私を見ていきます。
でも大丈夫、バイクが一緒に居ますので寂しくも恥ずかしくも有りません。

そう、バイク乗りは良い意味で勘違いが出来ます。
何故か大丈夫なんですよね。

今日は暇を見て、汚れたバイクを綺麗にします。
  1. 2018/04/25(水) 09:50:59|
  2. キャンプと旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクに乗る許可を得ました(嫁から)事故るなら即死でねと・・・

即死は勘弁(笑)

バイクに乗ると危険??
まぁ~免許は危ないですが、車に引かれない様に気を付けます。20180418_163106.jpg

バイクには、それ程詳しくないですが電圧測定くらいはして置かないと、旅先でえらい事になりますね。
サイレントな不具合なので、中々気づきづらいレギュレーターの不良と、ダイナモ不良。

先ず、キーOFF時の、バッテリーの電圧
20180418_163744.jpg

キーON時の電圧(ライト点灯状態)
20180418_163757.jpg

機関稼働時の、発電状態時の電圧
20180418_163810.jpg
このVFR800に限らず、発電時は大体14Vくらいの電圧になると思います。
*14Vを下回ると発電不良
*アイドリング時は14Vを維持していても、空ぶかししてみて!
電圧が上がるようだと、レギュレーター不良の可能性があります。

私は整備全般は、行きつけのバイクやさんのプロの整備士にお任せする事にしています。
念入りに洗車するとか、オイル交換をマメにするとか、頻繁に乗るとか!
やるべき事は沢山ありますね。

来週あたりに一人キャンプに行こうかな。

それにしても800ccの80馬力ってパワー有りすぎですね。
街乗りならば250ccの4気筒で本来十分かな。

まぁ、大型の高級車の乗り味って素敵ですが。

いずれにしても、一周り色々なバイクに乗ってみないと良く解らないので、
じゃんじゃん買い換えてみても面白いですよ。
その辺はオーディオも同じです。

大規模なシステムが、小型フルレンジスピーカーの音離れに負けたり、
フルレンジに比べ、マルチの方が位相の乱れが激しかったりして・・・・・マルチ使いの腕が試さりたり。

なんだかんだと言いながら、マズマズ使いこなせたら良い話ですね。
  1. 2018/04/20(金) 11:09:46|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DCU-F071Wの標準箱の完成と調整。

パーク・オーディオの箱が完成しました。20180414_073821.jpg

内容積は、1リットルです。
箱の下側はスタンド替わりになっており、スピーカーの高さを稼ぐ為に、下部の空間は吸音材を詰めています。

音質の調整ですが、吸音材を沢山詰めると低音が減ります。
そして、吸音材の入れる場所によっては、コーンを通して中高音が漏れてくる場合もあります。
例えばユニットの真裏に厚い吸音体を置くと高音域がやや下がり気味に聞こえます。

今回の箱は、ユニット後面は平行では無くやや下向きに斜行して居ますので!
ユニット後方には吸音材を置いていません。

吸音材は極少量として、低音が元気に鳴るようにしました。


仮に、ユニットの真裏が平行で、距離が少ない場合は中高域がキツくなるパターンが多いので!
真裏に吸音材を入れたほうが良いでしょうか?20180406_114210.jpg
PC用途には最適ですが、5Lの箱には流石に低音感は負けますが、中々分厚い中域が楽しめます。
高域は5センチユニットらしく高品位な物で、キラキラと輝きます。

お部屋で使うならば、ピアノやヴァイオリン等がよく鳴ります。
ロック系はちょっとキツイかな。
小型ユニットは、音離れが聞きどころの高音質ソフトが得意ですね。
  1. 2018/04/19(木) 14:54:27|
  2. 小型点音源バスレフエンクロージャ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DCU-F071W・1L標準箱の塗装完了

箱の塗装をしました!
寒くて、途中で退散しましたが、一台完成です。

ここ最近、雪と風で作業が止まり気味です。
バイクも数年ぶりに手に入れましたが、いつになったら乗れるやら・・・

今回は、オール無垢材なので、ワコトオイルで塗装します。
やや硬化するようですが、艶というよりもオイル特融のしっとりした感じです。

塗装は簡単、布きれでたっぷり塗布して磨きます。
下地は120番と240番で整え、その後に「一回のみ水引き」して400番で整えています{木材の素性がよいので}20180409_130130.jpg
あら、、矢印のスリットが途切れていますね。
後で修正します(笑)
20180409_130753.jpg
全体象です。
20180409_130748.jpg
板が無垢材なので、無理やりな圧着にならないように{反ったり}{ひねった}物を蚤や鉋で削ったりして、板の負荷を緩めて接着しました。

こんな時に、自動鉋版やフライス盤があると楽なんですけどね。
まぁ~それ以前に数年寝かせた、無垢の荒材が大量にないので「板取云々」を言う意味が無い。
*私、そこまでのマニアには成れなさそうですが!
*広く浅くも良いと思っています。

次回はリスニングして見よう!!!

あ、、箱の内部です。20180406_114210.jpg
やや壁面を斜行させております。
定在波が緩やかになりますね。

下の部分は吸音材をぎっしり詰めます。
下の部分は、一体型のスタンドですね。

リスナーの耳にユニットの中心を持ってくるのが基本です。
ですので、フロアスタンドタイプのスピーカーは、1200mmの高さか欲しいのですが!
大きさの問題で大半は900ミリの物が多いですね。

矢印部分が、反ってしまい膨らんだ側板です{役1ミリくらい}
このまま圧着しても、やがて剥がれてしまうので削って置いた方が安全ですね。
20180406_125707.jpg
それにしても、作業台がコ汚い。。
ビールの缶にタバコの吸い殻
風でカンや灰皿が転がったみたいです。
  1. 2018/04/09(月) 13:54:41|
  2. 小型点音源バスレフエンクロージャ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DCU-F071W・1L標準箱のプログラムデーターを見てみましょう。

今回は、071Wのバスレフ箱の
プログラム上でシュミレーションした出力グラフです。

F0は160hz・振動版の半径2.3センチ・振動版の質量0.98グラム・等価Q1.156
箱の容積1L・ダクトの共振数の設定は110hz
DCU-F071W(1L)web_uppa- パーク箱

パークの標準箱の定数はダクト径は20ミリですが、シュミレーションでは32ミリだったかな。
要するに20mmなんてダクト設定は、一般的ではないので!
プログラムでは、定数に入れていないと思われます。

パークの様な、小型ユニットで音楽鑑賞しようという設計自体が新しい物と言うか!
いままで5センチユニットで音楽鑑賞をするという、本格的な自作向けの物がなかった様におもいます。

勿論薄型テレビや家電分野では、小型ユニットが活躍しており、プロの分野では当たり前に使用されていた!
プロ仕様の設計理論なのかなと思います。


小型の箱って以外に手間が掛る。
ユニットが小さいので、ターミナル等は最初から仕込まないと手が入らなくなる20180404_160240.jpg
配線を巻きハンダする。
20180404_160657.jpg
イモにならないように・・・420度でハンダするよ{基盤と違いターミナルが熱を食うので、低温だと上手く行かない}
20180404_162045.jpg

バッフルも小さくてやりづらい20180404_125943.jpgダクトに丁度良い物がないので!
物干し竿を切って使います。
穴に段付きが有るのが解りますか?
穴が小さすぎて、工具な無いと出来ない作業ですし、失敗する確率が高いです。

パイプの共振対策に、ブチルゴムを巻いています。
20180404_130739.jpg

ブチルゴムのエンドには、電気配線用途のテープを巻いています。{糊が安定しているので}
20180404_141326.jpg


今日はここまでです。
ターミナルがサンディングの邪魔だね(笑)
デイトンの、このタイプのターミナルが一番使いやすく!
ケーブルが長期にわたり緩まないですよ。

かっこいい樹脂カバータイプのやつは、あっさり緩むのよね。
ハンダの熱にも負けて緩むしね。
  1. 2018/04/05(木) 09:56:00|
  2. 小型点音源バスレフエンクロージャ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ